飛騨牛なら飛騨高山の天狗中央精肉店で飛騨牛銘柄推進協議会指定店

朴葉味噌

天狗中央精肉店のトップページ 天狗中央精肉店の特定商取引に基づく表記 天狗中央精肉店のショッピングカートの中身を見る 飛騨牛のルーツと天狗中央精肉店について
天狗中央精肉店の通販メニュー
飛騨牛のお買得セット
飛騨牛の焼肉セット
飛騨牛のすき焼きセット
飛騨牛のしゃぶしゃぶセット
飛騨牛のステーキセット
飛騨牛カレーのセット
飛騨牛まんと肉まんのセット
天狗中央精肉店の決済方法
▼銀行振込▼
天狗中央精肉店の決済銀行は飛騨信用組合
天狗中央精肉店の決済銀行はジャパンネット銀行
天狗中央精肉店の決済銀行はジャパンネット銀行
▼代金引換▼
天狗中央精肉店の代引き決済はヤマト運輸です
宅急便コレクト
リンク先へのヤマトのカード決済はできません
朴葉味噌 
ほうば味噌
※朴葉味噌とは、朴葉の上に地味噌を乗せて
焼いた料理を「朴葉味噌」と呼んでいます。
朴葉味噌
岐阜県飛騨地方の郷土料理、朴葉味噌。朴葉には殺菌作用があり、古くから地元では活用されていました。
自家製の味噌を朴葉の上に乗せ、焼いて食べる高山地方の食文化が、後に名物となりました。
最近では、バラエティーにあふれ、同じ土地で育った飛騨牛を乗せることにより、一層味わい深いものになりました。
天狗中央精肉店では最高牛であります、5等級のお肉を贅沢に使い、朴葉味噌とともにお召し上がりくださいませ。
ほうば味噌
ほうば味噌
これであなたも高山通!
:水を張ったボールに、丁寧に朴葉をつけておきます。
(5〜10分。お急ぎの場合はポットのお湯で4〜5分)
:ねぎ、椎茸、季節のお野菜等できるだけ小さくカットします。
:朴葉の上に味噌、その上にお野菜と飛騨牛を乗せて焼きます。
:ホットプレートやフライパン、卓上の七輪の上に朴葉のサイズに合わせてアルミホイルを敷いて焼きます。
:お味噌がぷつぷつと動き出したら、具材をかき混ぜ、火を通します。

できるだけ焦がさないように、こまめに混ぜながらお召し上がりください。

■地元では、このように食べられています
●お味噌にあらかじめ新鮮な卵を混ぜておいて焼きます(お味噌の辛さがまろやかになりお勧めです)
●焦げた朴葉味噌が残りましたら、そのままお茶漬けにして頂きます。
●お味噌が余ったら、焼きおにぎりにして頂きます(焦げやすいので焼きあがる直前にお味噌をつけ、焦げ目をつけてください)
トップに戻る
飛騨牛 飛騨高山 天狗中央精肉店 〒506-0008 岐阜県高山市初田町3丁目5 TEL : 0577-32-1470 / FAX : 0577-34-4678
天狗中央精肉店 岐阜営業所 〒501-0052 岐阜県羽島郡笠松町下本町82番地 TEL : 058-216-6033